2017年04月20日

リローダーの選択肢

さて、そろそろ弾を作成していこうと思いますが、その前にリローダーを紹介したいと思います。

そもそもリローダーが無いと弾は作れないんでしょ?

と思う方も多いのではないでしょうか?

自分もそうでした。

ですが買ってから、いろんな事をさらに調べ、買ったリローダーをよく見ていくと、作りはシンプルで、さらに他の物を代用すれば、弾は作れます。

ただ最初は分からない事も多いですし、何より安全面からもリローダーは使用したほうが良いかと思います。

そして自分が購入したリローダーは・・・

KIMG0023.JPG

定番、LEEのLoadーAllⅡです。

自分はアメリカから輸入しましたが、このリローダーは比較的定安価で、日本で手に入りやすいです。
(現在日本で12000円前後)

あとお財布に余裕がある方はこちら・・・

0003267_600-jr-mark-v_550.jpg

MECの600JrMarkVです。

お値段$220.30




Leeは樹脂部分が多いですが、こちらは金属部分が多く、剛性もいいみたいですね。

ちなみにMECからはいろんなタイプがでており、最高級の部類になると・・・

0000133_9000e-with-auto-mate_550.jpg

9000Eお値段$1403.66

・・・

まあ世の中お金持ちの方も大勢いらっしゃいますしね(笑)

ちなみに自分が購入するか迷ったのはこちら

0000114_600-slugger_550.jpg

MECの600Slugger

こちらはスラッグ専用のリローダーで、普通クリンプする時スタークリンプとなり、ロールクリンプするなら、別でロールクリンパが必要なんですが、この商品はクリンプのステージでロールクリンプができるようになっています。

ただ通常のロールクリンプは巻いていく形になるのですが、こちらは折りたたんでいくようですね。

高さ調整が必要らしく、普通のロールクリンプよりも少々面倒なような気がしたので自分はLEEにしました。

ただ火薬の圧入が均等でないと弾速にばらつきがでるらしいので、そういう意味では剛性等もあるMECシリーズは捨てがたいです。

まあ自分も少しおこずかいに余裕がでたら、もう一度考えます(笑)

さていろんなリローダーを紹介してきましたが、これからリロードを考えている方の少しは参考になりましたでしょうか?

あとリロードはあくまで自己責任です。

火薬、雷管、鉛、いろんな危険な物を扱いますので、くれぐれも気を付けていきましょう。

そしてより良い弾を作り、その弾で獲物を捕る。

最高の趣味だと思います(笑)

今後自分も試行錯誤し、自分の銃にあう最高の弾を、頑張って追い求めていきます!

最高の弾できるといいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 05:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は僕もシカやってみようと思います!リローディングも興味あります。今度教えてくださいね〜。ただリローダーを置く場所が…またカミさんに文句言われそう。
Posted by 藤本 at 2017年04月20日 08:31
大物猟も面白いですよ!
いろいろ大変な事や、危ない部分もありますが、これぞ猟!って感じがします(笑)
ハンドロードも始めたばかりですが、すでにいろいろ楽しいです。
いずれ場所を確保されてぜひ!(笑)

>藤本さん
>
>今年は僕もシカやってみようと思います!リローディングも興味あります。今度教えてくださいね〜。ただリローダーを置く場所が…またカミさんに文句言われそう。
Posted by Yu TLR at 2017年04月20日 12:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。