2017年04月20日

装弾内のワッズの選択

次はワッズのお話です。

そもそもワッズとは何なのか?

ワッズとは火薬と弾頭orショットの間に入るもので、弾頭orショットを保持する役割があり、火薬の燃焼を受け止め、弾頭orショットを発射させます。

また高さの調整や緩衝材の役割もあり、いろんな種類や材質の物があります。

今日はその中で自分が選んだ物を紹介したいと思います。

今回自分が使う弾頭はLEE製のフォスター弾頭1ozです。

レシピ表を見たり、銃砲店さんのアドバイスを聞いたりして候補にあがったのは・・・

WNWAA12L(ホワイトワッズ)

WAA12F114(ピンクワッズ)

Federal(茶色ワッズ)

フェルト+ガスシール

この4つでした。




できれば全て試したかったのですが、経済的にもそんな多く選べなかったので、今回は・・・

DSC_1991.JPG

WAA12F114(ピンクワッズ)を選択してみました。

DSC_1992.JPG

このワッズ、はたしてどこまでの精度をだしてくれるのか?

いろいろ調べていくと、ワッズの選択でまるで違う弾になるようですね。

皆さんいろいろ試行錯誤されてるようです。

今回自分が選択したピンクワッズが正解かどうかは撃ってみないと分からないですし、どこまでの精度を求めるかにもよると思います。

とりあえずこのワッズで、薬量、ケース、などを変更し、どこまでの精度をだせるのかやってみますね。

何より安全第一で、頑張ります!


このワッズで良い弾できるといいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村







posted by Yu at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。