2017年04月22日

ハンドロードのコストパフォーマンス

今回は自分もよく聞かれるハンドロードのコストパフォーマンスについて書きたいと思います。

自分は今まで聞かれたら、そんないいものではないですよ!

とお話ししてたんですが、実際かかった費用の計算をしていませんでした。

なので今回1発あたり、いくらなのか?計算してみようと思います。

弾頭作成の為の鉛(純度99.99%)

DSC_1901.JPG

2.3kg 2830円

1oz約28.3gと計算し、1発 34.9円

ワッズ

DSC_1991.JPG

250個 2800円

1発 11.2円

火薬

DSC_1996.JPG

454g(7006.291gn) 12000円

1発 28gnと計算し、1発 48円

雷管

DSC_1995.JPG

100個 1800円

1発 18円

ケース

射撃場で拾うので無料

合計・・・




1発 112.1円!

あれ?意外と安いな(笑)

ただここには送料や設備費等は計算されていません。

ですが、ライフルドスラッグのファクトリーロード弾が、約250円前後としたら数撃てばやっぱりコスパはいいのかな?(笑)

ですが、これからファクトリーロード弾を越える為に費やす時間とお金を考えると、やはりコスパは良いとは言えないかもしれませんね。

なので、やはりハンドロードは・・・

ロマンです(笑)

この費やす時間を楽しめ、さらにあーでもない、こーでもないと頭を捻りながら行う事が苦でなければ、きっと最高の趣味だと思います。

ただ、ハンドロードは全て自己責任ですし、鉛中毒や火薬、雷管も危険な物には変わりないので、管理と注意をしっかりしないといけませんね。

今回1発あたりの値段をだしてみましたが、ハンドロードを考えてる方の参考になりましたでしょうか?

もし今後挑戦してみる方がおられましたら、自分と一緒に夢の1発を追い求めて行きましょう!

きっとお金には変えられない、ロマンがあると自分は思います。

弾の値段、Priceless!


夢とロマンの1発できるといいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。