2017年04月22日

ハンドロードの設備費用

今回は前回に引き続き、設備費用を書きたいと思います。

やはり一番費用としてかかるのが設備費用です。

国内で買うのか、海外から輸入するのかでも値段は変わってきますが、今回は自分がかかった費用を書きたいと思います。

まず国内で買うメリットですが、やはり早く手に入るというのと、安心だという事ですね。

デメリットはやはり値段と選択肢の少なさです。

海外からの輸入のメリットはその逆で、値段と選択肢の豊富さです。

デメリットはサイトの登録の手間、英語表記、送料、関税等です。

値段も1個1個輸入していると、その度送料と関税がかかるので、メリットである値段がそうでなくなります。

なので、その辺も考慮し参考にして頂きたく思います。

まずリローダー LEE LOADALLⅡ

KIMG0023.JPG 

海外から約8000円

モールド LEE

DSC_1893.JPG

海外から約2500円

ポット LEE

DSC_1896.JPG

海外から約7500円

インゴットモールド LEE

DSC_1890.JPG

海外から約1150円

柄杓

DSC_1891.JPG

海外から550円

ロールクリンパ

KIMG0025.JPG

国内で約7130円

クリンパ用ドリルとスタンド

KIMG0024.JPG

国内で2つ合わせて9200円

電子秤(0.001g)

DSC_1951.JPG

国内で約5500円

合計・・・




41530円!

やはりなかなかいい値段してますね・・・

さらにここに、送料、関税等がかかります。

関税も送料もなかなかいい値段しますのでそれを考えると・・・

高い趣味だ(笑)

やはりハンドロードにおいてコストパフォーマンスはいいとは言えないかもしれませんね。

ただサボットをされるなら、1発500円ぐらいするので、かなりメリットがあると思います。

自分もお金は無いですが、この辺を気にしすぎると何もできなくなるので、あまり気にせず、こずかいの範囲でいろいろ試していこうと思います(笑)

さて今回も少しは参考になりましたでしょうか?

夢の1発を求めて、これからもこずかい貯めていきます(笑)


お金は大切だけど、夢とロマンがあっての人生!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村







posted by Yu at 06:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関税っていったいどれくらいかかるもんなんでしょうか?
これから輸入しようと思ってます。
中古か、新品か・・・
Posted by takumi at 2019年04月23日 00:24

>takumiさん
>自分が関税をとられる時は2000~3000円程度だったと思います。
1つ2つでしたら、送料や関税などで国内で購入するのと変わらなくなってしまいますので、少し最初にお金は入りますが一式海外から購入されるのをオススメします。
海外だと国内に売っていない物もありますので、そういったメリットもあるかと思います。
Posted by Yu TLR at 2019年04月25日 01:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。