2017年04月29日

ようやくできた1発

いろいろ考えたり、海外のサイトを見たりして試行錯誤を繰り返しました。

そんな事をしているうちに、できた弾は1発・・・

もう拾ってきた薬莢がなくなってしまいました。

本当にロールクリンプ1つとっても、奥が深いですね。

ちなみにスタークリンプとロールクリンプとの違いは、適当にロールクリンプするなら、スタークリンプとの差は無いか、逆に悪くなりそうな情報がありました。

そしてロールクリンプでも薬莢の硬さによっては抵抗が変わってくるため、内圧も変わり着弾も変わってきそうです。

ちなみに自分は、触って確認した空薬莢の中で、一番硬く薬莢の金属部分が比較的長いレミントンにしました。

ただ、これがいいのかは、分かりません。

ただ一つ言えるのは、硬いが故に、ロールクリンプが非常にやりずらいという事です。

レットバードの薬莢も1つあったので試してみたら、レミントンの薬莢より簡単に、あと綺麗に仕上がりました。

DSC_2042.JPG

この結果からも硬すぎるのも良くないのではないかと考えます。

ファクトリーロードの結果でも、自分はレミントンよりレットバードの方が集弾もしていますしね。





あとロールクリンプは薬莢を少しカットしロールした方が綺麗にできるとの事だったので早速実行。

DSC_2037.JPG

5mmほど切りました。

DSC_2038.JPG

そして出来上がった弾がこちら

隣はレットバード7/8オンスです。

DSC_2039.JPG

DSC_2040.JPG

そしてワッズも改良しています。

なんだかんだこの1発までいろいろ苦労しました。

もう空薬莢がないので、今回はこの弾が無事発射できるかどうかのみ見たいと思います。

次射撃場に行ったら、いろんな空薬莢を大量に回収し、さらに研究していこうと思います。

とりあえずこの1発・・・

飛んでくれ!


この1発、うまく発射されるといいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村









posted by Yu at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。