2017年06月03日

神か害獣か

有名な話ですが、奈良の鹿、この鹿達は春日大社の神の使い、神鹿とされ文化財保護法に基づく保護の対象となっていました。

nara-1830864_960_720.jpg

場所によっては追い払うしかできず、それが近年、奈良の農業を圧迫し、行政などを相手取り損害賠償請求を行うまでになっているようですが、農家さん達も、県知事へ鹿害対策の要望書を提出するなどを行い、ようやく一部地域で捕獲が開始されるそうです。

農家さん側から見ればやっとか・・・

というお気持ちでしょうが、鹿側から見れば、今まで神として崇められてきた中で、いきなり害獣とされ駆除されるんですから、ビックリでしょうね。

そしてこれからも、ある境界線からは神、その逆側は害獣とされ、その線が天国と地獄の入り口になるんだと思います。

the-weight-of-the-2014004_960_720.jpg

こういうニュースを見ていると、自然との共存というのは、本当に難しい事なんだなというのを実感します。

ただ、狼を絶滅させてしまった以上、その匙加減も人がやっていかねばならないものと思いますし、ハンターである以上、少しでもその手助けができればと思います。

あくまで趣味ですが、それでも人としての何かを忘れず、これからも日々人と自然との、より良い関係を考えていきたいものです。


自然とのより良い関係を築けていけたらいいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟界を考えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック