2017年06月20日

鳥獣目撃情報アプリの試験運用開始

長野県岡谷市が、鳥獣目撃情報アプリの試験運用を開始したそうですね。

smartphone-1281669_960_720.jpg

登録されている地図に、目撃した鳥獣を、その場所に登録するというものらしく、鳥獣の生息分布の把握や、近隣住民への注意喚起にも役立てるというものらしいです。

こんなアプリが農家の方々や、山間部にお住まいの方々、登山者の方々などを中心に広がったら、ハンターにとっても獲物探しのツールとして、役に立つかもしれませんね。

登山や、山へ遊びに行く時も、そのアプリを一つの情報として、行く予定の山の近くで熊の情報があがれば、止めておこうと被害も減るかもしれません。

個人的に、こんなアプリが全国的に広がったらいいのになと思います。

もしくは、今ある登山アプリの追加機能で、そんな機能がついてもいいかもしれません。

岡谷市民ではありませんが、アプリの開発頑張ってほしいです。


こんなアプリがあったらいいね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければランキングが上がり励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村





posted by Yu at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟界を考えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック