2017年10月05日

パンク!そしてタイヤ交換

先日通勤用に使用しているCBX125のリアタイヤがパンクしてしまいました。

DSC_0509.JPG

仕事場からの帰りというのもあり、自宅まで距離もあったのでバイク屋で直してもらうか、と近くの小さなバイク屋やガソリンスタンドに持って行くと・・・

チューブタイヤだから直せないとの事・・・

え~!チューブタイヤダメなんですか!

途方にくれる自分でした・・・

とりあえず空気を入れると、なんとか入ったので気合で帰宅。

自宅より近かった、実家のガレージに着いた時には半分ぐらいになってました。

しかたないと思い、近くの大きなバイク屋に行こうと思い、費用を調べて見ると・・・

な・・・なかなかのお値段・・・

タイヤもネットの倍近くするし、工賃もいいお値段。

とりあえずネットでタイヤとチューブを交換し、後日交換する事にしました。

そして到着したので交換します。

タイヤはダンロップ K127 リア 110/90-16 M/C 59S チューブタイプ(WT)。



スポンサーの関係で、レーサーの時はピレリをずっと使用してましたが、街乗りの特に小排気量のバイクにはコスパの高いダンロップをよく使用します。

さてチューブタイヤの交換は初めてですが、うまくいくかな?

とりあえずバイクから外します。

DSC_0510.JPG

バルブを外し、空気を抜いてJトリップのビートブレーカーでビートを落とします。

DSC_0512.JPG

と・・・ビートブレーカー無しでもいけそうでした。

タイヤレバーでタイヤとホイールを外しチューブも外します。

DSC_0513.JPG

外れました。

DSC_0514.JPG

新しいタイヤにビートクリームを塗り

DSC_0515.JPG

片側ホイールに入れます(この時タイヤの向きとバルブ位置を注意)

DSC_0516.JPG

チューブを入れて(ここで少しチューブに空気を入れておくとタイヤレバーでチューブを破きにくい)

DSC_0517.JPG

タイヤレバーでもう片方も入れれば・・・

DSC_0518.JPG

完成!空気を入れてエア圧をテェック

DSC_0520.JPG

そしてバランサーでバランスを・・・

DSC_0521.JPG

シャフトが入らない・・・

まあバランスはいいか(笑)

その他周辺をグリスアップし、組み込めば・・・

DSC_0522.JPG

完成!

DSC_0524.JPG

やっぱり新品のタイヤはいいですね!

ただ新品タイヤは一皮むけるまで滑りやすいので注意です。

初めてのチューブタイヤの交換でしたが、チューブが面倒でしたが意外と簡単でした。

緊急時はしかたないですが、やっぱり自分でやるのが楽しくていいですね。

これからも通勤と猟場偵察用バイクとして、よろしくな!

DSC_0523.JPG


バイクをいじるのって、楽しいよね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければランキングが上がり励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 06:23| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。