2017年10月14日

レッドバードの中身と、チョークと弾頭の相性

明日の為に、なんとか自作弾Ⅱ型とⅢ型が間に合いました。

DSC_0005.JPG

以前より、かなりワッズに改良を加えたⅡ型と、それの高さを変えたⅢ型です。

そしてロールクリンプの高さを一定にする為に、工具も改良。

明日に期待です。

あと今回レッドバードをいろいろ研究し、比較してみました。
とりあえず、火薬も量も違いましたが、一番違ったのはワッズです。

ガスシールに厚みがあり、ワッズは弾頭と一体となる仕様のようです。

DSC_0010.JPG

DSC_0011.JPG

さらに弾頭は大きさや直径が全然違いました。

DSC_0006.JPG

DSC_0007.JPG

レッドバードの弾頭はインプシリンダーチョークではちょうどでしたが、モデチョークでは通過できず途中で引っ掛かります。

自作しているLeeの1oz弾頭はインプシリンダーは勿論、モデチョークでも通過します。

そして以前間違えて買ってしまった、レミチョークのフルで試すと、ちょうどぐらいでした。

という事は、このへんも集弾に影響ありそうですね。

今後はこのへんもつめて行きたいと思います。

とりあえず明日、Ⅱ型とⅢ型で頑張ってみます(笑)


結果が楽しみだね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければランキングが上がり励みになります(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 17:14| Comment(0) | ハンドロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください