2018年02月07日

鹿のタフさから学ぶ狙うポイントは?

先日の猟から帰ってきて、いろいろ考えています。

猟長からも、お前は半矢ばかり出しおって(笑)と冗談まじりではありますが言われてしまい、4段角という大鹿を獲ったという実感より、むしろ半矢を多く出してしまい、1頭は見つけてあげる事さえできなかったので、まだまだなんだなと感じた日でもありました。

なので今後狙うポイントなどを考えてみたいと思います。

動画やブログを見てこられた方々はもうご存じかとは思いますが、自分は基本1発目はネック(首)を狙ってきました。

今までネックに当たり走られた事は無く、即倒させる事ができていたんですが、今回2頭とも走られてしまい、4段の方はネックでもそれなりにいいところに入っているのではないか?と思いますが、それでも結構走られてしまいました。
DSC_0156.JPG

もう1頭の方は自分が目撃したわけではないので詳細はわかりませんが、首に血が付いていたとの事ですので、当たってはいますが、走られてしまい分からなくなりました。

2発当てた方も首と胸の間に1発入っていたので悪くはないのですが、自分の一番上の待場から、麓の竹藪まで走られてしまい、ネックじゃ駄目なのか?と疑問に思っています。

次にバイタル(心臓)を自分は狙っていますが、以前有害の時にまともにバイタルに入り、かなり出血しているはずなのにかなり走られた事もあります。

となると、いったい何処を狙ったらいいんでしょうか・・・

ヘッド(頭)?さすがにあのスピードで頭を狙える腕はありませんし、背骨を狙うのもかなり難しい。

そういえば、以前先輩猟師さんが、前足の羽子板?を当てたら転ぶと言っていたような・・・

う~ん・・・皆さんは何処を狙われているのでしょうか・・・

弾の威力についても少し考えました。

自分のVERSAMAXは3インチの重量弾も撃てますし、さらに日本には輸入されてないとの事ですが3.5インチの重量弾のさらに上も撃てる銃です。

しかし、今使っている弾は主に新レッドバード32g。

以前使用していた旧レッドバード猟用1オンスより重く、弾のパワー不足は無いと思いますし、実際単独忍び猟でブログを書かれてる、リロさんや、山クジさんはボルトアクション銃mss20で鹿や猪を1発で多く獲られてます。

しかも先日リロさんは鹿より矢に強いとされる猪を連続2頭獲りされたり、さらに山クジさんは鹿を約110mの遠射で即倒させ、さらに後ろにいた鹿にも貫通弾が当たり2頭獲りされたようです。

しかも100m射は射撃場でも撃った事が無いそうで、1年目のハンターさんですが才能の塊みたいな方で脱帽です。

mss20という事はライフリングも無い20番のスラッグ。

以前重砲店でたしか20番は12番に比べて20~30%威力が低いと話されていたので、自分が使うVERSAMAXは12番。
DSC_0060.JPG

パワーでは問題無いはずです。

完全に狙うポイント、腕の問題ですね。

とりあえずではありますが、次回から鹿を撃つ時は前足の羽子板?を狙ってみます。

撃つならできる限りではありますが即倒させ、止めをさしてやるのがハンターのつとめでもあると思いますし、やはり苦しむ動物を見るのは可哀想だとも思います。

まだまだ未熟な自分ではありますが、少しづつ頑張っていこうと思います。


狙うポイントって大切だね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 05:17| Comment(2) | 2017年狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
150キロを超えるエゾ鹿の話ですけど心臓に当たってもほとんど出血無く一キロ近く逃げられた事あります。小さい鹿の頭に当たった時もかなり走りました。もちろん当たり方や弾速にもよりますが人を見て逃げる気持ちになった動物を即死させるのはなかなか難しいですよね。300マグナムで両前足の付け根を砕いた鹿も300メールほど逃げました。
Posted by at 2018年02月15日 07:50
コメントありがとうございます。
300マグナムでもそういった事があるんですね。
勉強になります。
となると、当たり所も勿論あるんでしょうが、個体差の強さも大きいのかもしれませんね。
撃つ場所一つにしても奥が深いです。
Posted by Yu TLR at 2018年02月15日 12:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください