2019年07月11日

単独で日本海へ魚突き

先日の休日、当初予報では雨でした。

ここ最近雨が多く、なかなか魚突きに行けていません。

何とか晴れてくれたらな~と前日の天気予報をチェックしてみると、なんと!晴れもしくは曇りマークに変わっているではありませんか!

これは魚突きに行かなくては!とさっそく魚突きグループのSNSで情報収集。

話を聞いている内に、グループの方と一緒に行けるかも!?となり、少し調整しましたが、残念ながら一緒にはいけず、当日単独で向かう事になってしまいました。

その日は3時過ぎに出発し、6時頃到着。

到着時の日本海は曇りで、風はあまり無く、波も比較的おだやかでした。

さっそく準備を行います。
DSC_0252-742a9.JPG

以前から装備の変更はありませんが、忘れ物がないかのチェックと準備体操を入念に行い、岩礁地から入水です。
DSC_0251-138be.JPG

自分はサーフ(砂浜)より岩礁地から入水する事が多いので、フィンソックスより丈夫なミューブーツを履いていますが、このブーツのおかげで足をケガした事はありません。

GULL(ガル) 5mmミューブーツII GA-5622A 28cm ブラック

滑りにくいですし、フィンを履いてもかなりフィットし泳ぎやすいので本当にオススメなブーツです。

さて、フィンを履いてカメラの電源を入れて、いざ大海原へ!

ただ・・・

残念な事にメモリーカードの入れ方が微妙にまずかったのか、動画が変なファイルになっており再生できないというオチに・・・

なので、今回はあまり写真がないのもあって少し急ぎ足で書かせてもらいます(泣)

入水して水温を確かめると24℃。

泳ぎやすく、海の中はすっかり夏の海になっていました。

ですが昨年より根魚が少なく、逆に真鯛をよく見かけました(近づかせてもらえませんでしたが・・・)

この日は結構渋く、魚も少なめだったので長時間粘ります。

フロートにはウィダーインゼリーやカロリーメイトを入れていたので、途中沖の岩礁に上がり休憩がてら栄養を補給して、また海の中へ。

そんなこんなを繰り返し、気が付けば12時過ぎ。

6時間ぐらい泳いでいる事になるのと、だいぶ波も高くなってきて雨もぱらつきだしたので戻る事に。

そしてその日の漁果がこちら。
DSC_0253-0e60b.JPG

昨年よりかなり少なかったですが、メインターゲットのキジハタをなんとか2匹獲る事ができました。

そして安定の良型メバル3匹、残念ながら尺はありませんでしたが1匹は27㎝、残り2匹も25㎝弱なので満足いくメバルです。

残りは20㎝のイシダイ、もう少し大きいのが欲しかったですが、焦って外してしまいました(泣)

あとは・・・タカノハダイ!(笑)

渋かったのでボウズはいやだなと、1番最初に突きました。

夏は臭いと聞いていたのと今まで食べた事がなかったので、そこそこ大きかったのもあってゲットしてみました。

時間はかかってしまいましたが、それなりに漁果があったので満足し、片づけて帰宅。

帰りは眠気との闘いでした・・・

そして帰宅し、気力が残っている間に片付けと調理。

内臓を全て出しているので鱗だけ取り、キジハタは余す所なく食べれる、キジハタ飯へ。

そしてメバルは刺身にしてみました。

と、この日はここで電池切れ。

リビングで倒れこむように寝てしまい、数時間後起床。

どうやら自分以外はもう晩御飯は済んでいるようだったので、先ほど作ったキジハタ飯とメバルの刺身を頂く事に。
DSC_0258-8ff93.JPG

キジハタ飯は、キジハタの旨味が熱々の白ご飯全体に広がり、鼻をダシの香りが抜けて行く時、最高の気分になれます。

そしてメバルの刺身はプリプリの触感と上品な甘みがお酒を次から次へと注がせます。

改めて自分で獲って食べるというのは、苦労や手間、時間、他にもいろんな物を費やしているだけあって最高の贅沢なのではないか?と思ってしまいます。

そして次の日煮つけで食べたタカノハダイ。
DSC_0269-7e614.JPG

マズイのかと思いきや、特にマズクもなく普通に食べれてしまいました・・・

当たり個体だったのか、もしくは獲った後すぐに血抜きして内臓出していたから・・・なのか。

何はともあれ、今回も美味しい海の幸が沢山獲れました。

また時間を作って、大海原へ行ってこようと思います。

これから魚突きシーズン本番!楽しみだね!
と言っていただける方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村



posted by Yu at 01:30| Comment(0) | スピアフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください