2020年06月27日

A-bolt用の弾の完成まであと少し

コロナウイルスもまだまだ油断はできませんが、少しづつ落ち着きを取り戻しつつある日々かと思います。

そんな毎日ではありますが、先日新しい弾を試しに射撃に行ってきました。

以前までも定期的に射撃に行き試していたSvarogのサボットですが、ワッズなども変更したり、加工したりなどかなり工夫しましたが、50mワンホールに及ぶ弾ができませんでした。
DSC_0519.JPG

現在火薬をユニバーサルで詰めているのでロングショットへの変更も考えましたが、根本的に何か違う感じがしたので、このサボットは諦めて違う弾頭を試す事にしました。

それが今回の弾頭、同じSvarogのPARADOXです。
DSC_0505-55c8d.JPG

DSC_0517.JPG

以前から命中精度が高いと耳にしていたので、サボットでいき詰まったら手をだしてみようと思っていました。

ロシアから直でワッズと共に輸入しましたが、この状況下ですので、注文してから到着するのに2ヵ月半かかりました。

無事到着したので弾頭製造
DSC_0508.JPG

DSC_0509.JPG

そこからワッズ少し加工し弾を作成。
DSC_0511.JPG

今回はユニバーサル24gn~27gnまで各5発づつと点検射分の1発です。

50mの集弾はどうなるのか・・・
DSC_0513-71b90.JPG

撃ち方は1発撃つごとに銃身を扇風機で約1分を冷却、5発撃ち終わったら清掃を行いました。

その結果がこちら
DSC_0516.JPG

1回目とすればかなり良い結果となりました。

ただ27gnの反動はかなり強烈で、2日たっても肩が痛い状態でした。

25gn26gn27gnの集弾もあまり変わらない所をみると撃ちやすさも考慮したら今の所MAXは26gnかなと思っています。

今後は0.5gn刻みやマズルブレーキ、100mなどを試していけたらなと思います。

より良い弾ができるといいね!
と言って下さる方は、こちらをポチっと頂ければ励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村






posted by Yu at 06:50
"A-bolt用の弾の完成まであと少し"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。